読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は忘れない、あの日のことを

140字では伝えられない。

王道――その挑戦的な揮毫

第75期A級順位戦は2月25日に全日程を終えた。竜王戦のごたごたがあって、A級順位戦も消化不良の一面があったことは否定できないが、8勝1敗のすばらしい成績を残した挑戦者には誰も異論を挟まないだろう。稲葉陽八段は昇級一期目にして挑戦権を掴んだ。 稲…

生きる、それは戦うこと

『僕たちは、どうして将棋を選んだんでしょうね』 『さあ……ただ、私は今日はあなたに負けて、死にたいほど悔しい』 ◆ そういうわけで映画『聖の青春』を見ました。とても良かった。 聖の青春は村山聖という棋士の人生を描いたノンフィクション。映画はそれを…

「好きな次の一手」選

マイベストエピソードというアニメの好きな話数を書く記事を見たのですが、アニメはどーにも書けそうにないので、便乗で将棋の好きな手を選びます(謎理論) 将棋がわからない方にも出来る限りわかりやすく書くつもりです。駒の動き方は説明しないので、分か…

大盤解説会に行ってみよう!

王位戦第四局の大盤解説会を見に行きました。 大盤解説会は趣味を将棋とする上でもっともお手軽に参加できるイベントでしょうか。大盤解説会はタイトル戦や、将棋界の一番長い日とも言われるA級順位戦最終局といった、注目の集まる大きな対局で行われ、その…

将棋を指すという趣味

こんなペースで記事を書いていたら来週には書くことがなくなってしまう。 でもまあ今回は前回の続きみたいなところがあるので。 といっても、将棋を指す楽しさみたいなものを適切な言葉で伝えられる気がしないので、私の将棋遍歴について話します。 ◆ 将棋と…

将棋を観るという趣味

渡辺明『頭脳勝負――将棋の世界』を読みました。もう10年近く前の本なんですねえ。 棋士は将棋を指すことによってお金をもらっていますが、これはプロが指す将棋の価値を認めてくれるファンの方がいるからです。スポーツ等と同じで、見てくれる人がいなければ…